フェレット

Mustela_Ferret ferett heart

(特徴) 長~い体に短い手足。ニョロニョロと歩いたり、短い足で必死に走ったり、顔をくしゃくしゃにさせてご飯を食べたり、お腹を出してひっくり返って寝たりする姿はなんとも愛らしい。イタチ科の肉食動物ですが、イタチに比べて顔は丸く体つきもぽっちゃりしています。昔に比べて咬みに向かってくる子は少なくなってきているようで、とっても飼いやすいペットだと言えます。(それでも中には咬みっ子いますが・・・) 寿命は7-8年程度です。

 

(性質) 個体や繁殖場によって様々な特徴がありますが、小さいうちはなんでも咬んで、なんでも食べようとします。しかし、年を重ねるとともに徐々に穏やかな性格になっていきます。多頭飼育すると、転げまわって遊び、重なりあって寝ます。袋の中やトンネルに潜り込むのが大好きです。怒ると眼が三角形になります。

 

(飼うにあたって注意すること) 年一回のジステンパーウイルスの予防注射を受けましょう。また、5月から12月までは毎月フィラリアの予防を行ってください。 若いうちは、誤食にご注意ください。地面にあるものはなんでも食べようとします。また、フェレット用のジャーキーも、飲み込むサイズによっては消化管に詰まることがあります。

副腎疾患、インスリノーマ、リンパ腫は3大疾患と言えるほど、フェレットが多く羅患する病気です。4歳ぐらいから定期的に健康診断をうけること、そして臀部~尾部や頭部の脱毛・痒み、後足を引きずるように歩いたり寝だすとなかなか起きない、体重が減少している、しつこい下痢が続く、などの諸症状があればすぐに病院で診察を受けて下さい。