シマリス

(特徴) とってもすばしっこく、高いところもお手のもの。天井に円筒状のトンネルをつけてあげると楽しそうに走り回っています。走りだすと止まらないので、逃げたら捕まえるのが大変。でも、慣れると肩に飛び乗ってきたり、差し伸ばした手に降りてきたりしてくれます。

(性質) 基本的には自由な性格で、あまりベタベタと慣れることはありません。しかし果物やナッツなどの美味しいものは大好きなので、そこをうまく利用できればそこそこ慣れてくれます。

中には人を警戒して人がいる間は姿を見せない子もいますが、性格によるものなので、諦めるしかないようです。

(飼うにあたって注意すること) 狭い隙間に素早く入り込み、勢いよく出てこようとします。そのため打撲などによる外傷が多いので(特に脊椎損傷による下半身付随)、ケージ内やお部屋の中のレイアウトは気をつけましょう。

幼い時は肺炎を起こすことが多いです。温度管理やケージ内のまめな掃除を心がけましょう。床材として用いられる木くずは、皮膚や呼吸器の病気を引き起こしやすいため推奨できません。

エサをより好みして美味しいものばかり食べようとする傾向がありますが、それではバランスが整いませんので主食には専用フードを用いましょう。

シマリスは冬眠ホルモンを分泌する、冬眠動物です。とはいっても、飼育下では冬眠の必要はありませんので冬はしっかりと温めて管理することで冬眠状態になることを避けるようにしましょう。自然に行われない冬眠はシマリスにとって危険です。