エキゾチック動物に関するお問い合わせ

エキゾバナー

犬、猫以外のエキゾチックアニマルも診療致します。

当院でエキゾチックアニマルの診療を行っている獣医師は、大学卒業後すぐに横浜の小鳥専門病院である横浜小鳥の病院で4年間勤務し、小鳥を診察、治療する際の技術を身に着けて関西に戻り、さらにその後、東大阪にあるクウ動物病院にて専門病院での鳥の診療を伝授すると同時に、小鳥以外のエキゾチックアニマルの診療を5年に渡り学び、現在に至ります。エキゾチックペット研究会と、鳥類臨床研究会に所属しています。

但し、猿目と毒性を持つ動物種は診察をお断りさせていただいておりますのでご了承下さい。

 

エキゾ獣医からの一言・・・「決して私がエキゾチックなわけではありません(汗)」

鳥やウサギ、げっ歯類をはじめとした小動物は、具合が悪くなると一気に悪化するものです。

しかし、具合の悪い時に合わせてすぐに病院へ連れていけるとは限りません。

仕事が休めなかったり、病院がお休みだったり、遅い時間は開いてなかったり・・・。

そんな不安を少しでも解消できるように、困った時のエキゾチックメール相談アドレスを設けました。

些細なことでも、大変なことでも構いませんので、いつでもご利用下さい。(ショートメールではないため、メール受信にタイムラグが生じることがよくあります。また、夜中やお休みの時の返信の遅れにおきましては、ご容赦願います。)

↓ ↓ ↓ ↓

mail; toyoshima@nara-animal.jp