カメの発情期

カメエコー1

エコー台の保定クッションで仰向けになるクサガメ。

と言ってもこんな形では検査しません!

実際は腹甲があってエコーを当てられないので、台は使わず看護師さんに近くで持ってもらい、カメの足の付け根部分からお腹の中に向けてエコーを当てます。

クサガメ卵胞

映しだされた画像。

白いポコポコとした丸いものが卵の元になる卵胞、あるいは卵殻形成された卵です。

春から夏にかけるこの季節

色んな動物が色めき立って発情、繁殖、出産する中、亀だって例外ではありません。

食欲がない・・・

やけにゴソゴソと動きまわる・・・

日光浴中ベランダの外へ出ようとして落っこちちゃった!

などの心当たりがある亀の飼い主様、それはもしかしたら発情した雌亀の、産卵に基づく行動の一辺かもしれません。

もし卵がお腹の中にできていたら、それを産み出す環境を用意してあげないと卵停滞が起こってしまいます。

卵は土の中に産むため、掘って中に卵が埋まるくらいの深さの陸場を用意します。

もちろん水場も必要です。

それでも産まない、食欲戻らない、というようであれば動物病院で診てもらいましょう。