月別アーカイブ: 2018年2月  1 件

ハリネズミの子宮疾患

IMG_0933

その愛らしさから最近飼育頭数が増えつつある人気者、ハリネズミ。

このハリネズミで、雌の子宮疾患の発生が多い傾向にあることがわかってきました。

出血を伴う子宮内膜の異常や、癌などの腫瘍を患うこともあります。

 

特に雌で陰部出血を認めた場合は早期の摘出手術が推奨されます。

ハリネズミ子宮1

今回、陰部からの出血があり超音波で子宮の拡張を認めたハリネズミの卵巣と子宮を摘出しました。

左右の大きさの不整から、内側に何かができていることがわかります。

 

 

病理検査では、「子宮内にあったのは良性のポリープ状腫瘤で、摘出状態も良好」とのことでした。

コハリ

ハリー

ウサギの子宮疾患の多さは広く知られていて、疾患予防のための不妊手術を行うケースも増えているように思います。

ハリネズミでも子宮疾患発生率は高く、早期の発見、手術が望ましいことから、予防的な不妊手術を推奨した方がいいのかもしれません。