月別アーカイブ: 2017年11月  1 件

オス猫さんは、この時期危険信号かも!?

ボンin母屋

秋も深まり、冷え込みが厳しい季節がやってきました。

この時期、彼らにとってピンチとなるかもしれない事象が多発します。

さて、その彼らとは・・・

 

「オス猫」

 

 

では、そのピンチとは何でしょうか???

 

こんなこと、感じたことはありませんか?

・寒くなって暖かいところに潜ったままで、お水を飲みに行く姿をあまり見なくなったかも?

・寒くなってトイレの回数がチョット減ったかも?

・ここ最近トイレにしょっちゅう行ってて、中にはおしっこが出ていないこともある。

・おしっこの色や臭いが変わった???

 

DCIM100MEDIA

これは尿中の結晶、ストルバイトです。

そう、ピンチとは膀胱炎

写真のような結晶や、結晶により炎症や出血の起こった際に降りてくる血の塊や粘膜、それがオス猫では高確率で尿道内に詰まってしまい、結果おしっこが出なくなって尿毒症、急性腎不全を起こしてしまうのです。

ストルバイトの検出されない特発性膀胱炎でも、炎症性物質は尿路閉塞を引き起こします。

49

二足歩行?

55

 

四足歩行

四足歩行の犬や猫は、人と違って膀胱の出口が垂直を向いていないので、膀胱の痛みや違和感を感じにくいと言われています。

元気や食欲がなくなったり、吐いてしまったりという症状が出た時には病態がかなり進行している可能性が高いです。

 

また、尿路が完全に閉塞してしまっている猫は、尿道に管を通して詰まらせている原因物質を押し流し、膀胱内が改善するまで尿道カテーテルを入れた状態で入院が必要となります。

場合によっては尿道がどうやっても開通せず、会陰部に尿道を開口させる手術が必要となることもあります。

15

そんな悲惨な目に合わないようには、どうすればいいんでしょうか・・・???

 

 

尿検査です。

 

実際に秋の健康診断で行った尿検査でストルバイト陽性だった猫は7割でした。

 

大変なことになる前に、あなたも尿検査をしておいた方がいいかも・・・?

尿検査をご希望の方は、なるべく当日か、前夜のおしっこを容器に取ってお持ち下さい。

 

どうやってとればいいの?という方、スタッフが丁寧にご説明致しますので、病院にお問合わせください(*^^*)